09 -<< 2017-10 -  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 -
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山について〈後篇〉

続きです。

 里山が大事な理由の二つ目が人里と奥山の間で人と他の生き物が上手く避け合うための空間を作っていることです。奥山ってのは人の入らない深い森でこれは動物たちの空間です。一方人里は我々人間がより快適に過ごせるようにと改良した空間です。人間だって生物のうちのひとつさなんて言いますが(もちろんそれはそれで間違っちゃいませんが)、現代では両者が同じ所で快適に暮らすことは難しくなっています。動物達のすみかの奥山と人の住む人里が隣り合っていては境界線付近でお互いにウッカリ出会ってトラブル発生!!なんてことに。クマが山から下りてきて人を襲った…なんて話もこれが原因の一つになっていたりします。そこで颯爽と登場するのが我らが里山。里山は人も動物もどちらも入って行ける空間です。お互いに「人がいるかもしれないぞ」「動物がいるかもしれないぞ」って警戒していれば不用意に出会ってトラブルになることも減ります。

 他にも水を蓄えたり土砂崩れ防いだり、大気浄化なんてのにも里山はかかわっていますがそこまで書くと長くなるんでまた別の機会にまわして\(-_\) (/_-)/人への効果についてちょろっと書きたい。
 里山は人が手を入れてるんだから当たり前かもしれませんが人の近くにあります。入りやすいようにある程度整備してあります。つまり高い山に登ったり深海にもぐったり樹海に行く時みたいな重装備はいりません。気軽に、ふらっと行ける自然環境なんですよ。昔の田舎の風景はまさに里山での暮らしそのもので、自然に囲まれて共に生きる生活でした。生活習慣の変化に伴い里山が失われつつある今、様々な方向から里山を守ろうと行動している人たちがいます。その中の一つに我々ラクーンの活動も含まれています。里山の存在に興味をもたれた方は是非自分で調べて、実際に里山に行ってみてください。きっとなにか発見があると思いますよ^^




…とかカッコいい感じのこと言って終わらせてみる。
真面目な話は難しいんね(〃´o`)=3
【サントリー】
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

里山サークルracoon

Author:里山サークルracoon
金沢大学里山サークルRacoon(ラクーン)です!
自分たちが楽しむことをモットーに、キャンパス内の竹林整備や、タケノコ掘り、里山体験・保全活動などを行っています。

 
 

最新コメント

 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 

racoon_satoyama

Twitter < > Reload

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。